【旧ブログから】実質主義の面白い授業でした!

旧ブログから記事を移転しました。
2015年4月26日にアップした記事です。


こんにちは、生徒Cです。

1ヶ月ぶりのカルチャーでの授業でした。

今回は雪下先生がセドナから戻られたので、そこで体験した様々な出来事の報告と四暦盤を使って検証してみました。

まずは、セドナでのお話。
セドナはボルテックスが強く、その強さゆえに雲が鳥の羽のような形になったり、ジュニパーの木が捻じれてしまったり、ストライプのワンピースが渦を巻いたように見えたりするそうです∑(゜Д゜)。

※宿泊先の紹介でカードリーディングを受けたそうですが、そこで出たカードが見事に「学ぶ」だったとか。
雪下先生は九星気学を教えているとは全く言わずに受けたそうですが、やはりカードは正直に出てしまうのですね。

その後、四暦盤のこと、九星気学のことで談義に花が咲いたようです。
(  ゜ ▽ ゜ ;)

 

セドナを後にして、カナダに移動。念願のスーク族の方々と会うことが出来ました。
偶然にも各国のシャーマンの酋長の方々とも会え、初対面なのにとても暖かい愛で迎えて頂いたと感激の様子です。

今回の旅で得たこと、学んだこと、気付きを今後の研究に反映し、私達生徒とともに考えていきたいと話していらっしゃいました。

 

余談ですが、ボルテックスのエネルギーに満ち溢れている先生のそばにいるだけで、頭痛がして軽い気あたりを起こしてしまいました。 (・Θ・;)

それでも、目が離せない授業のこの迫力、この魅力!

たんに、風邪じゃないことを祈ります!!(*´▽`*)

よかったら覗いてみてくださいね!!!

LINEで送る
Pocket